薬局で買える睡眠薬は安全なの?

睡眠薬を必要とする場合は、医療機関で医師の診断を受けてから薬局で処方していただくと安全です。
睡眠薬の成分はタイプがいくつか分かれており、選び方を間違ってしまうと十分な効果を得られない場合もありますので、医師の処方箋なしに薬局で購入する場合には、どの商品が安全であるかをきちんと確かめた方が良いです。
睡眠薬には体の緊張や不安を取り除いて、眠りにつきやすくする効果があります。
次の日に楽しい事があるなど、心が興奮している時にはなかなか眠れない物ですが、そういった興奮を鎮め、神経の働きを抑えることによって、落ち着いて安眠できるような作用が含まれているのです。
医薬品は安全性を確認してから薬局にて販売していますので、本来事故があってはならないのですが、1回あたりの分量を守らない過剰摂取をしていると、体に悪影響を及ぼす事が確認されており、これは睡眠薬に限った事ではありません。
脳幹網様体に直接働きかけるので、使い方を間違えると呼吸抑制作用があったり、中には麻酔薬に似た作用を持っている物がありますので、注意は必要です。
同じ薬をずっと飲み続けていると耐性が出来て効かなくなり、他の強い薬へ移行してしまった事例が、ある方の裁判で報告されていましたし、サスペンスドラマなどの印象から「体に悪いもの」という印象もありますが、安心して飲み続けられるようにするためには、指示された分量を守る事と医師や薬剤師のアドバイスを聞くことが大切です。

Filed under: 不眠症 — number007 1:17 AM