睡眠薬の種類と副作用

眠れないのは辛いものですが、症状は人それぞれですから睡眠薬を使用する時もタイプに合わせて使い分けることが大切です。
不眠のタイプとは、なかなか寝付けない入眠障害、寝付くことはできても途中で目覚めてしまい、そこからは眠れなくなってしまう中途覚醒、まだ起きるはずの時間ではない早朝に目覚めてしまう早朝覚醒、眠っているのにぐっすりと眠ったという感じがしない熟眠障害の4種類に分類できます。
タイプが違うのですから使用する睡眠薬もそれぞれ効果が違い、医師の診察を受けたうえで処方してもらえます。
ドラッグストアなどで市販の薬を手に入れることもできますが、これは睡眠薬ではなく睡眠改善薬と呼ばれるもので、睡眠薬に比べると効き目が穏やかですから、これを試して効果が無いと思ったらやはり医師の診察を受ける方が確実に効果を実感できるでしょう。
睡眠薬の種類ですが、不眠のタイプに合わせて超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型の4種類に分けられています。
超短時間型や短時間型は、その名前の通り効果が短くなっているもので、寝つきが悪い人に処方されます。
中時間型や長時間型は、途中で目が覚めてしまう人やぐっすり眠った気がしないと言った人が、朝まで熟睡できるよう長時間が効果があるものとなっています。
副作用についてですが、服用してしばらくしてから急に効果が現れて眠くなったり、記憶が曖昧になってしまう事があるので服用後はすぐに横になれる用準備しておいた方が安心です。
また、個人差がありますが、めまいやふらつき、血圧の変化などの副作用が出ることもあります。服用後副作用がひどいと感じたら、すぐ薬剤師や医師に相談しましょう。

Filed under: 不眠症 — number007 2:06 AM