不眠症になる原因

不眠症の原因にはストレス等の精神的な要素や生活習慣等、色々な原因があります。
睡眠がとれないと言う事は、単純に寝不足になるというだけではなく、睡眠による体力の回復や神経や臓器の修復などが行われなくなる為に心身に不調をきたす事になるので、改善させる事が望ましいです。
不眠症にも全く眠れないタイプ、寝てもすぐに起きてしまうタイプ、朝型になってようやく眠くなるタイプ等ありますが、いずれにしても満足のいく睡眠がとれない状態です。
対策方法としては、生活リズムを整えて毎日同じ時間に眠るようにする事や、朝起きた時に朝日を浴びて体内時計をリセットし、夜になって眠りを誘いやすくする事、他にも日中動いて体を疲れさせたりする事も効果的です。
不眠症に陥りやすくなる要素としては、眠る前に飲食を行う事も熟睡を妨げる要素になります、眠る前に飲食する事によって、寝ている間に胃が休まらずに熟睡出来なくなる原因にもなりえますから、眠る3.4時間前までに食事等を済ませておく事が望ましいです。
パソコンやスマートフォンの普及によって、夜中でも明るい画面を見る機会が増えましたが、眠る前にパソコン等の画面を見たり、テレビや激しい音楽等の刺激は避けた方が眠りにつきやすくもなります。
こういった生活習慣を整えて対策する事によって不眠症が解決される事は多々ありますし、知らず知らずに生活の悪習慣が不眠症を招いているという事は非常に多いです。

Filed under: 不眠症 — number007 4:25 PM